ダイエットの様々な疑問について紹介しています。

「停滞期」とは

ダイエットを続けていると、途中から全く体重が減らなくなる場合があります。本格的にダイエットを経験された方なら一度や二度は経験したことがあるかもしれません。実はこの現象は、ダイエットにおける「停滞期」と呼ばれるもので、ダイエットが功を奏している証であると言われています。


停滞期の仕組みとは

停滞期が起こる仕組みとしては、人間の身体にある「ホメオスタシス機能」が関係しています。ホメオスタシス機能とは、体温や血糖値が正常に保たれるための働きのことです。厳しい環境に置かれた時など、急激な体重の減少や血糖値の低下が起これば人間は死んでしまいます。そこで、ホメオスタシス機能がはたらくことによって体重がなかなか減らなくなるというわけです。


停滞期の対策方法

もしも停滞期が来てしまっても、慌てることはありません。今まで通りの食生活と運動を継続し、時が経つのを待つようにします。停滞期のあとは減少期が訪れ、ここからがダイエットの本番ともいえますから、じっと停滞期が過ぎるのを待つことが大切です。特にむくみがひどい方は最初のうちは水分が身体からどんどん抜けていきますが、次第に抜ける水分もなくなり、脂肪を燃やすのみとなります。


ここで初めて体重減が見込めなくなってくるので、人によっては「ダイエットに失敗した」と勘違いしてしまうのです。脂肪を燃やすにはそれなりの時間と代謝を要しますから、ここからが本番だと気持ちを切り替えていきたいところです。


また、ダイエットを開始する前に停滞期を見込んだうえで目標体重を設定するようにしましょう。ダイエットは多くても一ヶ月に3キロくらいを減らすようにします。あまりにも極端に体重を減らすことはかえってリバウンドや体調不良の原因ともなり、危険です。個人によってそれぞれ体質は異なりますし、どこでホメオスタシス機能がはたらくかは分かりません。あくまで、徐々に減らしていくことを目標にしながら、地道にダイエットを続けていくようにしましょう。