ダイエットの様々な疑問について紹介しています。

痩せるための運動

生物の生活に欠かせないものといえば、食べることと並んで運動も非常に大切な要素となります。運動にはダイエットやサイズダウンなどの効果もありますが、ストレスを発散させたり、メンタリティを整えるような精神的役割もあります。少し歩く、極端に言えば足踏みをするだけでも運動になります。適度に汗をかいて、無理なくダイエットを続けていきたいですね。


それでは、運動とは具体的にどんなものがあるのでしょうか。


運動には、体脂肪と糖質を燃焼してくれる「有酸素運動」と、体内の糖質をエネルギーとして燃焼するにとどまる「無酸素運動」があります。有酸素運動は、口から空気を取り込み、身体の中に酸素を取り込みつつ行う運動のことです。20分以上続けなければ有酸素運動にはならないとされ、ただ数分間足踏みをしているだけでは無酸素運動になってしまいます。


有酸素運動の中でも特にダイエットに適しているのが、ウォーキングやジョギング、水泳などの運動です。ジムに通っている方ならほとんどがウォーキングやジョギングをしたことがあるかと思います。体内に取り込まれた酸素は体脂肪と糖質を分解してくれますから、ダイエットのために運動をしようと思ったらまずは有酸素運動に取り組んでみてはいかがでしょうか。


無酸素運動は、酸素を体内に取り込まずに行う運動です。集中力や瞬間的な力を必要とする運動はすべて無酸素運動となります。無酸素運動は脂肪を使う有酸素運動とは違って「筋肉」が重要な役割を果たします。無酸素のあいだは筋肉で糖を分解するため、日頃から筋力をつけておくことによって糖質が消費されやすい身体になります。


この2種類の運動を組み合わせ、筋力を強化しておくことによってさらに痩せやすい身体になっていきます。有酸素運動だけを行っている方もいますが、運動を続けるためには筋力アップが欠かせません。一日数回でも良いので、簡単な腹筋運動や背筋運動だけでも取り入れてみてはいかがでしょうか。