ダイエットの様々な疑問について紹介しています。

断食は効果的か

お寺などで行われている「断食」は、以前密かなブームを呼び起こしたこともある隠れたダイエット方法です。民間レベルの断食はお寺ほど本格的ではないため、「プチ断食」などとも表現されていますが、この断食は私たちの身体にさまざまな効果をもたらしてくれます。


そもそも、プチ断食というのは、少しの期間食を断つという意味で使われます。食事の摂取量を減らすことで余分な栄養吸収を防ぎ、健康回復を促す目的があります。


プチ断食の方法

プチ断食の方法として、期間は3日間が目安とされています。その間、水分は絶対に必要となりますので、何があっても水だけは摂取しなければなりません。ここでお酒などのアルコールに置き換えると糖分を余計に摂取してしまうので、断食期間は禁酒をしましょう。


一日三食の食事をまったく摂らない日があってもいいですが、精神的にかなり辛いはずです。なので、三食をすべて軽めにするという方法や、一食を野菜ジュースに置き換えたり、一食だけ抜く、もしくは二食抜くなどの方法もあります。人によって断食の方法は異なりますし、効果がすぐに現れる場合やまったく現れない場合もありますので、これで必ず痩せられる!と期待はし過ぎない方が良いでしょう。


プチ断食の効果

プチ断食を実行すると、じわじわと体内にある老廃物の排出が促されていきます。何も食べない、もしくは食べ物の摂取量が少ないからこそ、油分の過剰摂取や偏った栄養で劣悪になっていた腸内環境が整えられ、本来の体内に戻すことができます。この期間に身体に溜まっていた有害物質も外に排出することができますから、普段から暴飲暴食が多い方は是非プチ断食を行ってみると良いでしょう。食べない期間を設けることで、そのぶん冷静になれますし、食事との付き合い方も見えてくるかもしれません。


ダイエットだけでなく健康回復にも有効ですので、無理をしすぎることのないように、気軽な気持ちで挑戦してはいかがでしょうか。